症例紹介

 
 
CASES

エラとオトガイの骨切り術 
- Vライン形成術 -

 

ご相談の内容をお聞きする

幅広く大きい目立ったアゴを,すっきりさせたい,との主訴でご来院されました.
これまでに輪郭に関する治療は受けておられません.また既往歴等に特別なことはありません.
  
Vライン手術前

ドクターがお顔全体を拝見する

お顔全体のプロポーションについては,大きな問題はありません.
訴えのアゴの大きさについては,下顎角部の角度はほぼ平均値ですが,オトガイ幅がやや大きい状態です.軟部組織(皮膚,皮下脂肪)の状態は良好で問題ございません..
 

3DCTを撮影し顔面骨の評価をする

顔面骨の手術ですので,CTスキャンなどレントゲン撮影は必須です.
ここでは3DCTによる所見を述べます.
 
Vライン手術前のCT

 
Vライン手術前のCT

 

セファログラム分析をする

標準形との比較評価は,バランスを整えるためには大事なステップです.
 
Vライン手術前の3DCT

 
Vライン手術前のセファログラム分析

 

シミュレーション画像を作成する

ご本人の希望とCTデータや分析値から,シミュレーション画像を作成します.患者さんと外科医が,仕上がりのイメージを共有することは,手術を成功に導く上でもっとも大切なことです.
 
Vライン手術前のシミュレーション

 
Vライン手術前のシミュレーション

 

手術計画を立てる

イメージの共有ができたら,実際の手術の計画を立てます.熟練した外科医であれば,患者さんの皮膚・皮下脂肪の状態を織り込んだ上で,骨をどれくらい削ればよいのかを,割り出すことができます.(もちろん完璧に読み切ることはできませんが・)
 
Vライン手術前の計画

 
Vライン手術前の計画

 

詳細な解剖を確認する

安全な手術には,個体差のある解剖について,入念な確認作業が必須です.
ここでは,下顎骨の中を通る下歯槽神経の位置について,確認しています.
 
Vラインオトガイ神経の位置

 
Vラインオトガイ神経の位置

 
Vラインオトガイ神経の位置

 
Vラインオトガイ神経の位置

 

インフォームドコンセント

 
手術は 口腔内切開より下顎骨にアプローチし 専用の機器を用いて 下顎角からオトガイまでの下顎下縁 および下顎体部の外板を切除する.下歯槽神経およびオトガイ神経は 愛護的に保護する.
骨切除後は ソフト凝固装置で十分な止血を行い 血腫予防のため吸引ドレーンを留置する(ドレーンは帰宅前に抜去する).創部はすべて吸収糸(バイクリルラピッド)で縫合する.
リスクとして最も可能性の高いものは,オトガイ神経麻痺であり,一時的(数ヶ月)には約80%,後遺症としては約1%の頻度である.また,感染,血腫,後出血,創哆開,非対称などがあるが,頻度は1%前後である.
軟部組織の弛みはかならず生じるが,整容的に問題となる可能性は低いと思われる.弛みは脂肪吸引,高周波照射などで軽減が可能である.
 
手術費用は,全身麻酔や検査などをすべて含め,127万円(税別)
 

手術記録

麻酔方法:全身麻酔(麻酔科専門医による)
手術時間:109分
出血量:117 ml
術後経過:手術終了1時間後から,飲水をはじめる.問題なく摂取.疼痛は自制内で,腫脹も軽微.3時間後,バイタルに問題なく,術後出血も35 mlのため帰宅可とする.
 
 

クリニカルパス

 

 

術後1週目の検診

7日目に術後検診をおこないます.創部の感染や血腫の有無,腫脹の程度,経口摂取の状況などを確認します.
 
Vラインの手術後1週間

 

術後5ヶ月目の検診

創部の引きつれやオトガイ神経麻痺の回復状況,左右非対称や骨の不整などをチェックします.
 
Vラインの手術前後の比較

 
Vラインの手術前後の比較

 
Vラインの手術前後の比較

 

術後のCT撮影

神経管の状況や骨の不整などを確認します.
 
Vラインの手術前後3DCT比較

 
Vラインの手術前後3DCT比較

 
Vラインの手術前後3DCT比較

 
Vラインの手術前後3DCT比較

 
Vラインの手術後の神経画像

 

まとめ

  • エラ/オトガイ(下顎骨形成術)の症例の 診断 シミュレーション 手術計画 術後経過をまとめました
  • CTスキャンによる正確な診断と 専門医による手術で リスクは最小限に抑えることができます