予約 診察について

Q
診察の予約をしたいのですが

A
診察のご予約は お電話で承っております。月曜をのぞく午前10時〜午後3時に 03-5524-1189 までお電話をください
その際に お名前、連絡のとれる携帯番号、ご相談になるお顔の部位 をお聞きいたします。ご紹介を受けたクリニック、ドクターがいらっしゃる場合や、受診をご希望される医院(東京・銀座・大阪)のご希望がございましたら、おっしゃってください。

Q
カウンセリングはいつ頃受けられますか

A
多くの患者様からお電話を頂いており、すぐにはカウンセリングのご予約が取れない状況で、大変ご迷惑をおかけいたしております。
お電話でのご予約は、いったんお預かりさせていただき、順番が来た段階で、当方よりご予約日程をご案内させていただきます。およそ1ヶ月前には、ご連絡致します。
お電話にお出になれない場合、着信履歴がございましたら、折り返しお電話を頂けますでしょうか。お待ち頂いた順番どおりに、日程を調整させて頂きます。
みなさまには、おおよそ2~3カ月お待ち頂いており、心苦しく思っておりますが、なにとぞご容赦くださいますようお願い申し上げます。

Q
遠方から伺うのですが、1日あれば検査の結果までわかりますか

A
レントゲン・CT撮影と分析は、受診された際に行いますので、おおよその治療方針までご提案いたします。かみ合わせの分析が必要な場合は、もう1日、ご来院頂くことがございます。

Q
未成年ですが保護者の同伴は必要ですか

A
カウンセリングの時には、保護者の同伴はいりません。手術をお受けになる際には、あらかじめ保護者の方の承諾が必要になります。

入院・術後について

Q
入院は必要ですか

A
下顎あるいは上顎の骨切り、および輪郭、鼻の手術では、入院は不要です。
上下顎骨切り術(ルフォー、SSRO)では入院が必要です。
入院が必要な治療の場合は、提携医療機関で行います。

Q
骨切りでも入院はいらないのですか

A
はい、下顎あるいは上顎の骨切り、および輪郭の手術では、入院は不要です。(基礎疾患のない健康な方に限ります)
理由はいくつかありますが
1.手術の時の出血がとても少ない:平均して100〜200ml です。献血が400mlですので、体への負担はほとんどありません。
2.全身麻酔の副作用が少ない:ベテランの麻酔科専門医による高度な麻酔技術により、吐き気や痛みなどがとても軽いので、当日に帰宅していただくことができます。
3.術後の出血対策がしっかりしている:特殊な器具を使って、確実に止血をしています。
日本国内では、まだ日帰り麻酔を行っている施設はほとんどございませんが、ヨーロッパ、アメリカでは少なくありません。

Q
腫れはどれくらいで引きますか

A
腫れのピークは、術後2日目です。それ以降、少しずつ腫れは引いていきます。10~14日で20%くらいの腫れの程度になります。ややむくんだ感じがありますが、初対面の方に違和感がない程度とお考えください。完全に引くまでには、それから2−3ヶ月かかります。

Q
いつから食事ができますか

A
手術当日からできます。はじめは刺激の少ないスープやゼリーなどからスタートします。その後アイスクリーム、うどん、おかゆなどと進み、5日目にはほぼ通常の食事が可能です。固いお肉などは、2週間ほど避けてください。

Q
はみがきはいつからできますか

A
手術の翌日から可能です。

Q
手術後の通院は何回必要ですか

A
手術後は、1週後、1ヶ月後、3ヶ月後、6ヶ月後に診察いたします。

Q
検査と手術を同じ日にすることは可能ですか

A
検査結果が出るのに、1日以上かかるため、同日に手術をすることはできません。

治療について

Q
顎間固定はしますか

A
顎間固定はしません。ただし食事のとき以外に、やわらかい輪ゴムを使って安静にして頂く場合があります。

Q
抜糸は必要ですか

A
口の中のきずは、溶ける糸を使いますので抜糸はしません。2−3週間で自然に抜け落ちてきます。皮膚を縫った糸は5−7日目に抜糸します。

Q
プレートは除去しますか

A
生体親和性の高いチタンプレートですので、除去の必要はありません。ご希望がある場合は8ヶ月以降に除去することができます。

Q
鼻にギプスはあてますか

A
はい、5−7日薄い肌色のギプスを当てます。

Q
鼻の腫れはどれくらいですか

A
腫れのピークは、術後2日目です。それ以降、少しずつ引いていきます。10~14日で10%くらいの腫れの程度になります。ややむくんだ感じがありますが、初対面の方に違和感がない程度です。完全に引くまでには、それから約6ヶ月かかります。

Q
きずは目立ちますか

A
口の中、また鼻の中のきずは外からは見えません。鼻の下を切ったきずは3ヶ月ほどやや赤みのある状態で、目立つかもしれませんが、6ヶ月でかなり目立ちにくくなります。

Q
抜糸はしますか

A
鼻の中のきず、口の中のきずは、溶ける糸を使いますので抜糸はしません。2−3週間で自然に抜け落ちてきます。皮膚を縫った糸は5−7日目に抜糸します。

Q
矯正治療はどこで行いますか

A
矯正治療は、提携歯科医院で行います。関東圏以外にございます歯科医院との提携も、数多く行っておりますのでご相談ください。

麻酔について

Q
全身麻酔は危険ではないですか

A
全身麻酔は、麻酔科専門医が行いますのでご心配ございません。また安全に麻酔を受けていただくために、術前に検査を行って頂きます。

Q
全身麻酔で気持ち悪くなりませんか

A
吐き気は、ほとんどありません。これは、1.笑気ガスを使用しない、2.全身麻酔専用の吐き気止め(オンダンセトロン)を使う、3.レミフェンタニル(麻薬) で鎮痛する の3つ組み合わせによるものです。それ以外にもステロイドの使用も関係しています。

Q
全身麻酔の途中で目が覚めたりしませんか

A
ベテランの麻酔科専門医が行いますので、ございません。

Q
麻酔中に血栓などの心配はありませんか

A
手術中は、血栓予防のための専用の靴下を履いて頂きますので、ご安心ください。

Q
手術後の痛みが心配です

A
できるだけ痛みを感じないように、さまざまな対策を施しています。局所の神経ブロックを行ったり、ステロイドを使ったりしています。

お支払いについて

Q
支払いはローンでも可能ですか

A
ローンを取り扱っておりますので、お気軽にご相談ください。

Q
健康保険は使えますか

A
不正咬合があり、かつ術前矯正を行う場合には、健康保険が使えます。ただし舌側矯正器具(裏側矯正)で矯正している場合は使えません。
口もとが出ているだけでかみ合わせに問題がなかったり、不正咬合があっても術前矯正を行わない場合(サージェリーファースト)には、保険は使えません。
また、矯正治療がすでに終了している場合は、保険は使えません。