口もと

キズの目立たない自然な仕上がりの人中短縮,リップリフトです

人中短縮・リップリフト

ご相談の内容をお聞きする

長い人中を短くしたい,との主訴でご来院されました.

お顔全体のプロポーションについては,大きな問題はありません.
人中長は,正中で13mm, 外側で16mm とほぼ平均値でしたが,中切歯(上の前歯)の見え方が -1mm と少なく,また上口唇の厚さも薄い状態です.


鼻孔および鼻翼の左右差,斜鼻がありますが,こちらの治療はご希望されていません.

手術計画を立てる

今回は,皮膚切除および筋肉切除による人中短縮術を行い,上口唇縁を約3mm上に挙上する,また口唇の厚みを増す という手術計画と致しました.

手術のリスクとしては,キズ跡の赤み,硬さ,肥厚性瘢痕,口唇の変形,知覚障害などがあります.

手術記録 人中短縮

麻酔方法:全身麻酔(ラリンジアルマスク使用)
手術時間:98分
出血量:20 ml

以下は,「手術用顕微鏡を使った人中短縮術」の手術動画(約4分)になります.
切開して出血する映像ですので,苦手な方はスキップしてください.


術後1ヶ月目の検診

腫れはかなり収まりましたが,キズがまだ赤く硬い状態です.
鼻翼の左右差が目立ちますが,もうしばらく様子をみます.


術後6ヶ月目の検診

創部の引きつれの回復状況,左右非対称,キズの赤みなどをチェックします.

人中短縮 リップリフト

人中の長さが改善されバランスがよくなっています.
小鼻の広がりもほとんどありません.

人中短縮 リップリフト

キズもほとんど目立たず,上唇の厚みもバランス良く整っています.

人中短縮 リップリフト

小鼻の下垂もなく,上唇のCカールもキレイにできています.

キズの状態は良好で,特別な加療は不要です.

人中短縮 リップリフト

手術前にはほとんど見えなかった上の前歯が,2mmほど見えるようになり,若々しい口もとになりました.

まとめ

  • 人中短縮症例の診断 シミュレーション 手術計画 術後経過をまとめました.
  • 正確な診断と専門医による手術でリスクは最小限に抑えることができます.

費用

人中短縮術,静脈麻酔,検査 合計 ¥440,000 (目隠しモニター価格)