鼻は高くするけど 鼻を大きくしない基部盛り手術

肋軟骨による鼻中隔延長,基部盛り手術,鼻尖形成

ご相談の内容をお聞きする

低く顔に沈んだ感じのお鼻をキレイにしたい,との主訴でご来院されました.

ドクターがお顔全体を拝見する

お顔全体のプロポーションについては,大きな問題はありません.
鼻自体の形は比較的キレイで,強いて言えば鼻尖がやや丸く曖昧な感じです.気になるのは,中顔面の突出感が不足している状態です.
これまで鼻の手術の既往はありません.軟部組織(皮膚,皮下脂肪)の状態は良好です.

シミュレーション画像を作成する

ご本人の希望から,シミュレーション画像を作成します.患者さんと外科医が,仕上がりのイメージを共有することは,手術を成功に導く上でもっとも大切なことです.

手術計画を立てる

イメージの共有ができたら,実際の手術の計画を立てます.
今回,鼻根部から鼻背の「上の鼻筋」については,施術は行いません.「上の鼻筋」を高くすると,鼻が長く大きい印象になってしまいます.鼻尖,鼻翼基部は,しっかりと前に出して立体感を与えます.

手術計画として 1.オープンアプローチ,2.肋軟骨採取,3.肋軟骨による鼻中隔延長および鼻尖形成,4.細片肋軟骨による鼻柱・鼻柱基部増大術(基部盛り)を予定しました.

手術記録

麻酔方法:全身麻酔
手術時間:195分
出血量:28 ml
術後経過:手術終了1時間後から,飲水をはじめる.問題なく摂取.疼痛は自制内で,腫脹も軽微.4時間後,バイタルに問題なく,術後出血も少量のため帰宅可とする.

まず手術前に,手術計画をリノメジャーで反映させます.ずいぶんと高くしなくてはならないですね.
鼻翼軟骨です.かなり左右差があります.これも修正します.
横から見た鼻翼軟骨です.丸くなっているのがわかります.
肋軟骨で鼻中隔延長を行ったところです.鼻中隔延長の方向は とても重要です.
リノメジャーで確認しながら行います.
横からみた鼻尖の形です.4つ前の写真と比べてみてください.
皮膚を仮縫いして 形を確認しています.
微調整もリノメジャーを使って行います.

術後1週目の検診

腫れはありますが,感染兆候もなく 経過は順調です.
プリザベーション法で行っているため,内出血も少ないようです.

術後5ヶ月目の検診

創部の引きつれや回復状況などをチェックします.

中顔面の陥凹感がよく改善されています.
鼻翼縮小は行っていませんが,広がりもほとんどありません.
陥凹感の改善は ななめの写真で よくわかります.
唇と鼻柱基部の位置の変化が よくわかります.
鼻尖は術前より高くなっていますが,鼻は大きくなっていません.これが基部盛りの効果です.
オープンアプローチの傷も きれいに治っています.

まとめ

  • 整鼻術症例の 診断 シミュレーション 手術計画 術後経過をまとめました

費用

鼻中隔延長,鼻尖形成,鼻翼基部増大術,全身麻酔,検査 合計 ¥1,490,000 (目隠しモニター価格)

関連した症例